about of HumanInteractionLaboratory


ヒューマンインターラクション・ラボラトリー研究会


ヒューマンインターラクション・ラボラトリー研究会について

ヒューマンインターラクション・ラボラトリーとは

P1020937.JPG全米教育教会に属するNTL(ナショナルトレーニングラボラトリー)が1974年以来実施している参加者主体の体験学習で、Tグループと呼ばれるセッションが中心になっています。日本ではこれまで立教大学や南山大学などで社会人や学生を対象に実施されてきました。
 Tグループは10名前後の小グループです。その中で参加者自身が作り出す人と人の相互関係やコミュニケーションを、その場で、互いに検討し、一人一人の感じ方、考え方、行動の特徴、そしてグループのダイナミックスに気づき、自分を生かし他者を生かすあり方をさぐります。
 このような研修では、トレーニングを支える人間観や倫理観が極めて重要です。ヒューマンインターラクション・ラボラトリー研究会の研修は個々人の尊厳を重視して行います。

研究会について

Bグループの部屋.JPGHIL研究会は、ヒューマンインターラクション・ラボラトリー(Tグループ、人間関係トレーニング)の関係者が集まり、組織されている任意団体です。メンバーは、大学教員を始めとし、医療、教育、裁判所など人を支える分野の仕事につく人の他、一般企業に勤める人もいます。いずれも、Tグループ・人間関係トレーニングのトレーナーとしての研修を積み、トレーナーとして活動してきている人達です。
年間の活動としては、HILにまつわる相互学習会を開催している他、上記のような参加者主体の体験学習を宿泊研修というかたちで、年に3回(北海道・山梨・沖縄)で開催しています。

以下のPDFは、2015年のパンフレット送付時に、研究会の発起人であり代表である中堀仁四郎さんが、パンフレットを受け取られる方へ向けて書かれたお便りです。
「ヒューマンインターラクション・ラボラトリー」がどのような研修であるのかが、分かりやすく解説してある部分があります。大切にしているものや、背景にある価値観なども感じ取っていただけるのはないかと考え、ここに掲載することにしました。
この研修がどのようなものであるのか、もう少し知りたいと思われた時には、是非資料としてお読みいただけたらと思います。

中堀さんからの手紙2015秋.pdf



20070729022.jpg
2017年8月7日〜10日(3泊4日)
北海道 なんぽろ温泉
締切:2017年7月24日

清泉寮 about_graph_04.jpg
2017年8月25日〜28日(3泊4日)
山梨 清泉寮
申込締切:2017年7月10日

聖クララ修道院2.JPG
2017年12月2日〜6日(4泊5日)
沖縄 聖クララ修道院
申込締切:2017年11月25日